水谷陽子弁護士が「共謀罪施行に社会運動はどう立ち向かっていくか」を寄稿しました。

弁護士水谷陽子が、東京土建一般労働組合『建設労働のひろば』(No.104 2017.10)に巻頭論文「共謀罪施行に社会運動はどう立ち向かっていくか」を寄稿しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

上部へスクロール