交通事故に関する法律問題
  • 事故の種類(自動車と歩行者、自動車と自転車、自転車と歩行者など)
  • 損害の種類(治療費、物損、休業損害、慰謝料、後遺障害による逸失利益など)
  • 賠償手続(保険会社との任意交渉、民事調停、裁判など)

たとえば、自動車事故に遭い、むちうち症の後遺障害が生じたけれども、保険会社から低額の賠償金しか提示されなかった場合、後遺障害の等級、慰謝料の金額、過失相殺(被害者側の落ち度)の割合などについて、弁護士が代理人となって保険会社との交渉を行います。交渉がまとまらない場合、裁判所に対して、損害賠償請求訴訟を起こすことになります。

上記以外でも、交通事故に関する法律問題について、ご相談下さい。