借金に関する法律問題
  • 債務整理(業者との任意交渉による返済計画の再検討)
  • 過払い金返還(法律で定める利率を超える利息を支払っていた場合、業者へ返還請求)
  • 「ヤミ金(過酷な取り立てへの対応)」
  • 「自己破産(債務返済が困難な場合の法的手続)」
  • 民事再生(事業を継続したり、住宅ローンを支払いながら債務を減額したい場合の法的手続)

たとえば、10年前から複数のカードローンを利用しているけれども、債務残高が一向に減らず、生活が圧迫されている場合、弁護士が介入することで、①これまでの取引履歴を業者に提出させて、法律の範囲内の利率によって債務残高の引き直し計算を行い、②過払い金が生じている場合は、業者に対して返還請求を行い、③なおも債務残高がある場合、生活を圧迫しない範囲で返済計画を立てて、業者と交渉を行うことが考えられます。
また、債務残高が多すぎて返済が困難な場合、自己破産の手続きをとることが考えられます。

上記以外でも、借金に関する法律問題について、ご相談下さい。