交通事故に関する取組事件
  • 自動車と自転車の交通事故の裁判において、保険会社が当初提示した金額の約1.8倍の賠償を命じる判決を勝ち取りました【鳥飼
  • 死亡事故の刑事裁判で、無罪をかちとりました(見通しの良い交差点での車同士の衝突事故。被告人は優先道路を進行しており、突如飛び出してきた被害者の車を避けられなかった)【久保木
  • 横断歩道を自転車で通行中、四輪車に衝突されたという事案です。自転車が横断歩道を通行するとき、どのような注意義務があるのか、過失割合をどう考えるかなどが争点でした。交通事故の鑑定書を提出するなどして、保険会社の主張に対し反論し、裁判官の心証を少しではあるが動かし得たと考えています。しかし、類型的な判断に強く傾斜している交通事故裁判の一般的な傾向には疑問を感じています【新宅