弁護士 水谷陽子

弁護士 水谷 陽子

21_mizutani

経歴

三重県四日市市出身

2007年
三重県立川越高校英語科卒業
2011年
中央大学法学部法律学科卒業
2014年
中央大学法科大学院修了
同年
司法試験合格
2015年12月
弁護士登録

所属団体

青年法律家協会/常任委員
自由法曹団/女性部運営委員
日本労働弁護団
LGBT支援法律家ネットワーク
明日の自由を守る若手弁護士の会(通称あすわか)

弁護団活動

福島原発被害弁護団http://www.kanzen-baisho.com/
首都圏建設アスベスト訴訟弁護団
同性婚人権救済申立弁護団http://lgbt.sakura.ne.jp/lgbt/

仕事への思い

LGBTsや女性の人権を守る弁護士になりたい、という思いがあり、司法修習生(司法試験合格後、実務家になるまでの研修)の間には、DV被害者のシェルターの方にご協力を頂き、シェルターの現場で研修を受けてきました。DV被害を受けた方の傷つき方を見ると、「被害を訴えること」の難しさがよくわかります。すごくしんどいのに、「悪いのは自分だったんじゃないだろうか」、「辛いという気持ちをわかってもらえないと、もっと辛くなるのではと不安で声をあげられない」…と、さまざまな葛藤、苦しさの中で、うまく助けを求められずに孤立してしまう方もいらっしゃるのが現実です。また、LGBTsであれば「相談すれば自分がセクシャルマイノリティなのがばれてしまうのが怖い」など、二重の困難を抱える方もいます。
同時に、例えば労働事件でも、生活の中でのトラブルでも、紛争の中で悩みを抱える人にとっては、「誰ならば安心して相談できるのかわからない」といった不安は多かれ少なかれあることと思います。
私は、そういった不安を抱える方にとって安心して相談できる弁護士でありたいと思います。どうぞお気軽にご相談にいらしてください。

書籍

同性婚人権救済弁護団編『同性婚 だれもが自由に結婚する権利』明石出版 2016年10月
※編集協力者