弁護士 須藤正樹

弁護士 須藤 正樹

09_sudo

経歴

1972年
東北大法学部修士課程修了(労働法専攻)
1975年
弁護士登録(第2東京弁護士会所属)

専門・得意分野

民事刑事全般を担当しますが、労働運動・住民運動・市民運動などの集団的な裁判闘争を比較的多く手がけました。

比較的最近の主な解決事件

●群馬県の会社乗っ取り事件で会社財産取戻し逆転勝訴判決(東京高裁)
●横領えん罪事件無罪判決(宇都宮地裁)
●国公法違反ビラまき堀越事件無罪判決(最高裁新判例)
●借地契約更新拒否事件で正当事由なしの勝訴判決(東京地裁)
●借地人組合の地主との間の長年の地代紛争で勝利的和解(東京地裁)
●団地内の位置指定道路に対する通行妨害排除請求事件の勝訴判決(横浜地裁)
●マンション管理組合の理事資格制限規約は有効との勝訴判決(東京地裁)
●マンション管理組合が、専有部分で規約違反の営業を続ける区分所有者と賃借人の間の建物賃貸借契約を解除した事件で、勝利的和解(東京地裁)
●パワハラ被害の保育士に対する逆転労災認定の裁決(労災保険審査会)
●同僚からの暴力被害に対する労災認定と対会社損害賠償請求勝利的和解(東京地裁)
●夫婦間の同居申立請求審判事件で勝訴決定(千葉家裁)
●近隣住民から提起した悪臭被害差止め・損害賠償請求の勝訴判決(東京地裁)
●死亡交通事故事件で不起訴処分(東京地検)

事件以外の弁護士活動

日本国憲法の基盤を揺るがす安保法制と憲法全面改悪に反対し、自分自身及び現在と将来の市民及び勤労者のための諸活動に取組んでいる。